SPF値が低いファンデーションは肌荒れしない?

ファンデーションはお化粧をする上では欠かせないものですが、その刺激性が問題になる場合もないわけではありません。特に敏感肌の人にとっては刺激の弱いファンデーションを選ぶということが欠かせないことであり、刺激の強いものをうっかり選んでしまうと肌荒れが起こってしまったり、痛みが出てきてしまったりする人もいます。

 

 

その際に注目すると良い値の一つとしてSPF値があります。
SPF値は紫外線防御指数であり、これが高いほど紫外線カットをする能力が高いということができます。

 

 

SPF値が低いとそれだけUVを透過させてしまう可能性が高くなるということになりますが、SPF値を高くするためには相応の強力な成分を多く含ませることが必要になります。そのため、紫外線カットのための成分が肌に影響して肌荒れを起こしてしまっているケースではSPF値が低いファンデーションを用いると肌荒れを防止することができます。

 

 

しかし、SPF値が低いファンデーションなら必ず肌荒れしないのかというとそういうわけではありません。
PA値にも十分に注目する必要があり、SPF値がUVBを吸収する程度を示すのに対して、PA値はUVAを吸収する程度を示しています。

 

 

PA値が高い場合にはまた別の強力な成分が含まれているため、それだけ肌荒れを起こしやすくなります。また、もし屋外で活動するのであれば、紫外線カットの効果によって肌荒れを防ぐこともできるため、単純にこれらの値だけで肌荒れしないとは言い切ることは難しいのです。