SPFを考える

紫外線の強い時期になると気になるのが日焼けです。
腕や足はもちろん、お顔や頭皮などさまざまな場所に日焼け止めが必要となってきます。
しかし、お顔につける日焼け止めのせいで肌荒れを起こしてしまうという人もいらっしゃいます。

 

 

いったい肌荒れしない日焼け止めの選び方とはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

まずは一番わかりやすい選び方として、自分が使っているファンデーションと同じメーカーから発売されている日焼け止めがいいでしょう。今使っているファンデーションと同じメーカーならいつも使っていることから安心感もあります。

 

 

化粧下地にSPF値が記入されているものは下地をつけるだけでも日焼け止めの効果があります。

 

 

下地を買う際にそこに着目して購入することも選び方のコツの一つ。
下地はもちろん、ファンデーション自体にもSPF値が記入されている場合は個別に日焼け止めを付けなくてもそれだけで十分です。
ファンデーションや下地とは別に日焼け止めをつけるという方に着目してほしいのはSPFです。

 

 

日焼け止めには必ずこの値が記入されています。
その横に数値が記入されていますが、これが時間です。

 

 

時間かける記入数字をすると、どれくらいの時間効果が持続するかが分かります。
これは目安なので必ずしも、と言い切れるわけではありません。

 

そしてプラスの数が記入されていますが、これが多ければ多いほど日焼け止め成分が強く働いてくれます。

 

 

この数値が高いものを使うと肌荒れを起こしてしまうという方もいらっしゃるので、強さを抑え目にするのも肌荒れを防ぐ一つのコツです。