油分が少ないのがおしろい

メイクをするときに、肌への負担が気になりませんか。少しでも肌の負担を軽減したいと思った時に、おしろいとファンデーションとではどちらのほうが肌荒れしないのかが気になるかもしれません。肌に負担をかけないほうが肌荒れしないで済むでしょう。

 

 

おしろいは、メイクの仕上げに使う人も多いですが、おしろいだけで済ませてしまう人もいます。

 

 

パウダーなので化粧崩れしにくいのが特徴です。だから、仕上げには欠かせない人も少なくありません。
肌への負担に関しては、油分があまり入っていないので敏感肌の人も安心して使えます。

 

それくらい、肌への負担が小さいというわけです。

 

 

ファンデーションはいろいろなタイプがあります。

 

リキッドやクリーム、パウダーがあります。これらは油分の量が違います。

 

 

なるべく油分が少ないほうが良いでしょう。
これらよりも油分が少ないのがおしろいです。

 

と言うことで、肌荒れしないのはおしろいです。

 

 

肌に負担をかけたくないとは言っても、おしろいだけではカバー力が足りなかったり、化粧崩れしやすいと思うかもしれません。

 

 

パウダーやリキッドタイプなら比較的油分が少ないので肌荒れしにくいでしょう。
クリームタイプやコンシーラーは油分が多いので気を付けたほうが良いかもしれません。

 

 

敏感肌の人にとっては、最も肌荒れしないのはどれかがとても重要でしょう。

 

 

おしろいと言っても、ある程度のカバー力がある場合もありますので、自分に合ったおしろいを探して見てください。